兵庫楽農生活センター

Hyogo Agri Life Center

兵庫楽農生活センターとは

誰もが気軽に「農」を 学び、体験し、実践できる場所!

「楽農生活」とは、農林水産業体験や農山漁村との交流などを通じて、食や「農」に親しむ兵庫県が提唱している新しいライフスタイルです。県民誰もが「楽農生活」の体験や実践ができる拠点施設として兵庫楽農生活センターを設置しています。
作業風景
作業風景

「農」を体験する

農作業体験や交流活動を通じて、食や「農」の大切さを学びます。 田植えから稲刈り、飯ごう炊さんまでお米作りから食するまでの体験や兵庫県特産丹波黒大豆生産を行う「親子農業体験教室」、野菜栽培の基礎知識を楽しく学ぶ「野菜栽培体験コース」、地域でとれた農産物の「加工体験」等を開講しています

作業風景

「農」を学び、実践する

野菜栽培の基礎から、就農に必要な栽培・販売・経営技術まで、それぞれの目的に合わせて知識や技術を学ぶ「楽農学校」を開講しています。

作業風景

食を楽しむ

園内や地域でとれた新鮮な農産物を食材とした「楽農カフェ」や「加工施設棟」、地元の新鮮な農産物や加工品を販売する「農産物直売所」を開設しています。

施設概要

名称
兵庫楽農生活センター
所在地
神戸市西区神出町小束野30-17
面積
約14ヘクタール
運営

(公社)ひょうご農林機構が総合的な管理運営者となり、プロポーザルにより事業参加する団体と連携して事業運営しています。

  • (株)ashimoka/レストラン、農作業体験(野菜、きのこ)
  • 老ノ口受託グループ/ぶどう栽培体験
  • JA兵庫六甲/農産加工体験、農産物直売
  • 兵庫農機販売(株)/農機レンタル、農機具展示
  • (公社)ひょうご農林機構/楽農学校、親子農業体験教室、里山整備体験、梅・ブルーベリー栽培体験

事業内容

「ひょうご農林機構(外部リンク)」が総合的な管理運営者となって、「楽農生活」の趣旨に即して提案された事業について、地域との連携を重視し、 農業者、NPO、民間企業等の参加協力を得て、事業を展開する。楽農生活センターは、2つの柱で事業を展開する。

主な施設

レストラン、農産加工体験施設、農産物直売所、きのこ館、農機具展示庫、果樹園、水田

利用のご案内

開園時間
9時~17時(なお、楽農カフェは8時~17時,ラストオーダー16時30分)
休園日
毎週水曜日 年末年始12月29日~1月3日 水曜日が祝日の場合は、次の平日に振り替え
(楽農カフェは水曜日も営業)
入園料
無料
駐車場
無料 約200台収容可能(大型バス専用駐車場あり/車いす駐車場あり)
農作業体験
事前の予約をお願いします

CONTACTお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

078-965-2651

開園時間:9時~17時  休園日:水曜日

※水曜日が祝日の場合は開園し、次の平日が振替休園

※楽農カフェは年末年始を除き水曜日も営業

WEBでのお問い合わせ

Page Top