文字サイズ

就農コース

第18期 就農コース受講生募集!!

 (公社)ひょうご農林機構 兵庫楽農生活センター(神戸市西区)」では、新たに農業経営を目指す人を対象に、総合的な知識や技術を習得するための研修を行う「就農コース」の受講生を募集します。

目的 就農に必要な総合的な知識と技術を習得する実践研修
対象者 新たに農業経営を目指す人
募集期間 令和3年5月21日(金曜日)〜6月21日(月曜日)必着
募集人員 25人 (兵庫県内で就農を希望する方を優先)
  1. いちご高設栽培コース…4名
  2. 果菜類周年栽培コース…8名
  3. 無加温施設栽培コース…8名
  4. 有機栽培コース…5名
受講生の選考 応募人員に関わらず書類選考の上、事前に個別面接を行い(7月5日(月曜日)または6日(火曜日)実施予定)その結果に基づき受講生を決定します。
受講料の取扱 受講決定通知時に、受講料の振込先を案内しますので、必ず指定日までに振り込んで下さい。なお、理由の如何に関わらず、お納めいただいた受講料は返納いたしません。
研修期間 1年間(令和3年8月10日(火曜日)〜令和4年8月30日(火曜日))予定
研修日 週5日以上
※販売する野菜の栽培管理のためほぼ毎日来校が必要
研修内容
  1. 講義:就農に必要な総合的知識の講義(約70回程度)
  2. 実習:農場(露地)約300平方メートルとビニールハウス約250平方メートルを利用した野菜の栽培
<主な講座の内容>
農業の基礎、土づくりと肥料、作物栽培の基本、野菜の栽培、病害虫防除、農薬の 基礎知識、農業経営、農業簿記、農業機械、農地法概要、農産物の流通販売、有機 JAS認証、国際水準GAP、環境制御技術、先進農家等現地調査、野菜栽培実習、農業 機械実習、加工実習 ほか
<実習コースと内容>
詳細は【別紙資料 PDF】を参照ください。
いちご高設栽培コース、果菜類周年栽培コース、無加温施設栽培コース、有機栽培コース
受講料 150,000円/年(受講決定後振込)
(消費税込み、資料費、農業機械燃料代、水代等含む)
※研修中の野菜栽培にかかる資材費等は自己負担となります。
(研修内容により30万円〜100万円程度)
指導員 兵庫楽農生活センター楽農学校指導員(県職員OB、JA職員OB等)、外部講師
支援措置 就農のための相談及び支援、農業次世代人材投資資金支援制度活用の指導
研修の条件
  1. 種苗、肥料、農薬、農具等は各自の負担となります。なお、生産物は受講生に帰属します。
  2. 研修期間中の事故(けが等)は自己の責任で処理することとし、当センターに補償、賠償の請求はできません。各自、傷害保険等を加入条件とします。
  3. 学校施設内では、指導する肥料・農薬等資材以外の持ち込み利用は一切禁止します。
研修施設等概要
  1. 農場:農地(露地)約300平方メートル/人、ビニールハウス 約250平方メートル/人
  2. 農業機械、備品:トラクタ、運搬車、管理機、防除機、草刈り機、一輪車、等
  3. その他施設:会議室、休憩室、更衣室、作業用倉庫、図書室
研修場所 兵庫楽農生活センター(神戸市西区神出町小束野30-17)⇒地図
申込方法 受講を希望される方は、受講申込書に必要事項を記載し、履歴書(写真添付)を添えて下記申込先に郵送又は持参して下さい。(メール・FAX申込は不可)
詳しくは【ポスター及び案内チラシ PDF】をご覧ください。
申込先 公益社団法人 ひょうご農林機構
兵庫楽農生活センター楽農学校課 担当:柳澤
〒651-2304 神戸市西区神出町小束野30-17
TEL:078-965-2047 FAX:078-965-2659 E-mail:gakkou@forest-hyogo.jp
  • お問い合わせは、水曜日(休園日)以外でお願いします。

就農コース講義風景

作業風景写真
作業風景

野菜の育苗風景写真
野菜の育苗風景

トマトの作付け風景写真
トマトの作付け風景

メロンの誘引実習写真
メロンの誘引実習

ページトップへ