文字サイズ

生きがい農業コース

第35期生きがい農業コース(秋・冬野菜)受講生募集!!

目的・内容 作物栽培に必要な基本的知識を学びながら約40平方メートルの畑で野菜を栽培する研修
募集期間 令和3年6月12日(土曜日)〜7月31日(土曜日)
対象者 自分で野菜を栽培して食べてみたいなど、気軽に「農」を楽しみたい方(県内在住在勤を優先)
募集人員 54人 
受講の申込・
決定
センターホームページから申込み。又は受講申込書を郵送かFAXで送付。
申込受付順に一定数をまとめて受講通知と振込先を案内します。
案内した振込先に受講料を振込まれた方が受講確定者となります。
募集人員を超えた場合はキャンセル待ちとし、キャンセル数に応じて決定します。
受講料 35,000円(消費税込み、資料費等を含む)
受講料の取扱 受講決定通知時に指定された振込先に、必ず指定日までに振り込んで下さい。
なお、理由の如何に関わらず、受講料は返納できません。
研修期間 令和3年8月28日(土曜日)〜令和4年3月5日(土曜日) 6ヶ月間
研修場所 兵庫楽農生活センター(神戸市西区神出町小束野30-17)⇒地図
研修内容 野菜栽培に必要な基礎知識の講義 + 畑(区画)で秋冬野菜を栽培実習
<講義の主な内容>
土づくり・肥料・植付と管理・栽培方法・病害虫・農薬基礎、など
※午後は必要に応じて実習など
研修野菜等 栽培実習は、約40平方メートルの区画(畑)で研修野菜と自分の好きな野菜を栽培します。
秋冬は、キャベツ・レタス・ブロッコリー・白菜・大根・カブなど旬の野菜を栽培予定。
栽培に必要な肥料や種苗などの主な物は配布します。
☆収穫した野菜は持ち帰りできます。
研修日程 講義は主に土曜日に実施(9時30分〜12時、必要時は午後も)(講義は月2〜3回程度)
なお、区画内の野菜への水やり等栽培管理のため、講義日以外にも随時来園が必要です。
研修指導 楽農学校指導員(県農業改良普及職員OB、JA営農指導職員OB等)
研修の条件
  1. 研修期間中の事故(けが等)は自己の責任で処理することとし、必ず各自で傷害保険等へ加入して下さい。当公社に補償や賠償の請求はできません。
  2. 施設内では、指導する肥料や農薬等資材以外の持ち込み利用は禁止しています。
研修施設等
  1. 農地(露地):1区画 約40平方メートル/人
  2. 農具(備品):備中クワ、平クワ、三角ホー/人1丁、ほか共用農具(一輪車など)
  3. 利用施設:学校棟(研修室、休憩室、更衣室など)、作業棟(ロッカー、農具ほか)
支援措置 野菜の栽培方法などの相談・指導、市民農園の利用相談 など
申込方法 受講を希望される方は、下記のメールフォームから申込み下さい。
又は、下記の受講申込書をダウンロードして必要事項を記載し、次の申込先に郵送・FAX又はメールでお申し込みください。詳しくは【案内チラシ】をご覧ください。
申込先 公益社団法人ひょうご農林機構
兵庫楽農生活センター 楽農学校課 担当:清原
〒651-2304 神戸市西区神出町小束野30-17
TEL:078-965-2047 FAX:078-965-2659
E-mail:gakkou@forest-hyogo.jp
お問い合わせは、水曜日(休園日)以外でお願いします。
ページトップへ