本文まで読み飛ばす

文字サイズ

コラム

石黒由起コラム 〜農業の魅力〜

前へ 次へ

第1回 兵庫楽農生活センターの加工施設棟での体験

 平成24年6月28日、兵庫楽農生活センターの加工施設棟において、“地域の農産物を利用した6次産業化をすすめるために、普及指導員が民間と連携して、鹿肉などの加工研修会を行いました。

 地域食材として、商品開発していかなければならない鹿肉、桃、リンゴ、トマト等を一次及び真空加工して、加工後の食材を確認するとともに、鹿肉カレー、野菜のピクルス、ドライトマト、果物のコンポート等の加工方法をマスターしました。

 6次(1次(生産)×2次(加工)×3次(流通・販売))産業とは、農林漁業者が、自ら生産した農林水産物について生産(1次)だけではなく、加工(2次)、流通・販売(3次)への取り組みや、地域資源を活用した新産業の創出により付加価値の向上を図り、農山漁村の雇用確保と所得向上をめざす取り組みです。

 近い将来、生産者が、自ら生産した安全安心な農産物を美味しく加工した加工品を、消費者へ直接お届けるできる日も近いと思います。

研修の実施状況
研修の実施状況

研修の実施状況
研修の実施状況

ページトップへ