本文まで読み飛ばす

文字サイズ

加工施設棟「くち〜なかんで」

加工施設棟「くち〜なかんで」

くち〜なかんで”は、兵庫楽農生活センター・加工施設棟の愛称です。地域の農業者で組織する楽農生活地元実践グループ加工部会が、地域の食材を使った農産物加工の生産と農産物の加工体験イベントを行っています。
「くち〜な」cucinaは、スローフード発祥の地、イタリアの言葉で台所を意味します。加工体験を通じて、食文化を学習する「学びの台所(くち〜な)」、地域の農を大切にしながら、安心・安全な加工食品を提供する「信頼の台所(くち〜な)」でありたい…そんな想いが込められています。
加工施設棟で製造された加工品は、直売所きらめき神出や店頭で販売しています。

グループと加工製品等のご紹介

パンフランスパン小麦生活

■主な加工品

食パン、フランスパン、菓子パン、お菓子(ラスクなど)

■体験イベント

パンづくり、ピザづくり 等

■毎週木曜日に店頭販売を行っています。

かんでジャムかんでジャムかんでジャム

■主な加工品

ジャム(いちご、いちじく、ぶどう、ブルーベリー など)

■体験イベント

ジャムづくり 等

もち、かき餅、おかきもち、かき餅、おかき神出工房

■主な加工品

もち、かき餅、おかき

■体験イベント

いちご(ぶどう)大福づくり、いもようかんづくり 等

かんで焼きキープフーズ

■主な加工品

かんで焼き(米粉を使ったお好み焼き)、ジュース 等

■体験イベント

野菜のデザートづくり 等

ページトップへ